チーズ加工の様子

チーズ加工の様子 ( State of Cheese processing )

パスタフィラータタイプのチーズ加工の様子を動画で紹介しています。冷凍カードを利用して加工するときの参考にしてください。下線が引かれている文字をクリックすると動画が始まります。
( A video showing how pasta filata type cheese is processed. Please use it as a reference when processing using a freezing card. Click the underlined text to start the video. )

                                                                              

モッツアレラチーズ は加工後、15℃前後の水で冷やしてください。その後、真空パックし冷凍保存することが出来ます。冷凍保存したものを食べる場合は、パックごとぬるま湯で解凍してから召し上がりください。
( After processing the mozzarella cheese, cool it with water at around 15 ℃. After that, it can be vacuum packed and stored frozen. When eating frozen foods, thaw the whole pack in lukewarm water before eating. )

                                                              

ストリングチーズを綺麗に切りそろえたら、20%食塩水に5〜7分浸けて塩味をつけます。その後、布を敷いたトレイ等に並べ、冷蔵庫で1〜2日乾燥させます。
( After cutting the string cheese cleanly, soak it in 20% saline solution for 5 to 7 minutes to salt it. After that, arrange them on a tray covered with cloth and let them dry in the refrigerator for 1 to 2 days. )

                                               

ブラータは、生クリームやクリームチーズあるいはマスカルポーネチーズをミルクでのばしたものに、モッツアレラチーズを繊維状に裂いて短く切ったものを混ぜ、これを餡としてモッツアレラチーズ の中に閉じ込めたものです。
( Burrata is made by splitting mozzarella cheese into fibers, mixing it with whipped cream, and enclosing it in mozzarella cheese. )